若い時から白髪染めをしていました

私は学生時代から白髪が多く悩まされてきました。

高校3年生になって初めて自分で白髪染めで髪を染めました。

色は黒色だったのですが、自分の髪の毛の黒さよりもさらに黒く髪が染まりました。

周りの人たちは私が髪を染めたことには気が付いていないようでした。

白髪染めはいつから

私の髪の毛はストレスにかなり影響されているようで、特に受験の時は後頭部がかなり白髪が目立っていたようで、友人から家族からしゅっちゅう指摘を受けていました。

それが嫌で社会人になってからは毎回、美容院で髪の毛を染めてもらっていました。

カラーリングを毎回やってもらっていましたが、色が重なっていくうちにどんどん、黄色に変色していきました。

また日焼けをするとさらに髪の毛の色が黄色くなっていくようでした。
私はおしゃれのためと言うよりも、白髪染めのためにカラーリングを行っていました。

当時はそれほど髪を染めている人はいなかったのですが、その後髪を染める人が急増しました。

老若男女さまざまな人たちの髪が黒から茶色や黄色に変化していきました。

最近はそれも落ち着いてきて、自毛の色をいかしたヘアスタイルに戻ってきているようです。

しかし、白髪染めで髪を染めている中年以上の女性は多くいるようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加