白髪染めをコンスタントに使い続けています

40代になったころから急激に白髪が増え始め、もはや染めないと年寄りに見えると思ったところから白髪染めをコンスタントに使い始めています。

最初は自分でうまく染められるかどうかかなり苦心しましたが、今では鏡を二枚利用して後ろの見えないところもしっかり染めるようにすることができるようになりました。

ただ、やはり頻度を多くすると髪の毛も痛むことが多いですし地肌が赤くなるので、最近では低刺激でできるだけ体に優しいものを利用するようになっています。

とくに低刺激のものに変えるようになってから髪の毛のコンディションもかなりよくなり、地肌のダメージも減ったのでとても楽に染められるようになりました。

一度使い出すとやめられないのが白髪染めですから、できるだけ長くつかって問題のおこらない商品を選択したいと思っているところです。

やはり髪が黒いと人の印象も大きく異なり、若くみえますから積極的に利用したほうがいいのではないかと思っているところです。

これからは高齢化社会でますます高齢者が増えますから、こうしたアイテムの利用者も増えていくことになるのではないかと思いますね。

やはり若く見えるということはいろいろな意味でプラスに働きますから、今後も見かけを重視して白髪染めを積極利用していきたいと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加